日本国際法律家協会は人権,民主主義,平和,環境などを通して法律家の国際的な連帯を求める活動を行なっています。
 


・・ INTERJURIST151号目次 ・・


1. 日本準備委員会からの報告
(1) COLAPは「平和のための法律家の民主的・自発的な結集」
〜ソウル、カンジュを訪れて〜
     日本準備委員会委員長 新倉 修
(2) 9条を世界に、そして、コラップ5へ向けて 関西実行委員会委員長 梅田章二

2.報告集発行にあたって  COLAPW日本準備委員会事務局長  笹本 潤

3.開会式  
(1) 開会の挨拶   韓国組織委員会共同執行委員長 イ・キウック
(2) 経過報告       韓国組織委員会事務局長 チョ・サンヒ
(3) 基調演説       韓国組織委員会代表 チュェ・ビョンモ
(4) 挨拶 IADL国際民主法律家協会会長 ジタンドラ・シャーマ
(5) 祝辞             法務部長官 チョン・ジョンベ
(6) 日本代表団の挨拶   団長 池田眞規
(7) 祝辞         韓国ウリ党国会議員 イム・ジョンイン

4.分科会のまとめ
(1) 平和の問題(第一分科会)  札幌学院大学  馬奈木厳太郎
                      弁護士 シム・ジェファン 
(2) 人権の問題(第二分科会)  弁護士  鈴木亜英
(3) グローバル化の問題(第三分科会)  弁護士  キム・ジン

5.発言と報告レポート
(1) 韓国国家保安法の廃止について: 弁護士 ソン・ホチャン
(2) 良心的兵役拒否と愛国者法について: 弁護士 エリック・シロトキン
(3) 人間らしく働く権利について: 弁護士 坂本 修
(4) 国家人権委員会の活動について: 韓国国家人権委員会政策局長 パク・チャンウン
(5) 在日朝鮮人の歴史と今日の問題について: 弁護士 康 由美
(6) 東アジアの平和的共存権への道を切り開くイラク派兵差止訴訟: 弁護士 佐藤博文
(7) アジアの法律家・人民は"東アジア共同構想"に反対しよう! :弁護士 河内謙策
(8) 弁護士・裁判官に対する攻撃、窒息する市民的自由(フィリピン):
                                 ネリ・J・コルメナリス (新倉修訳)
                    
6.参加者の感想
(1) 靖国問題を特別企画で紹介   弁護士 大山勇一
(2) 「平和的共存」という言葉の重みを感じて   弁護士 七堂眞紀
(3) COLAPWソウル会議に参加して   弁護士 石川智太郎
(4) 私の最大の収穫―民弁の活動を知ってー 治安維持法国賠同盟副会長 柳河瀬 精
(5) 非正規労働共同シンポジウムに参加して   弁護士 志田なや子
(6) 「韓日非正規労働問題共同シンポジウム」に参加して   弁護士 中西 基
(7) 国境線を訪れて    弁護士 酒井信雄
(8) 戦争と憲法の旅    弁護士 辻 公雄
(9) 準備会から参加して   弁護士 國本依伸
(10) 労働運動についてもっと議論をしたかった    国労近畿闘争団 大矢 勝
(11) キムチより刺激的だった韓国労働関係組織訪問記  東京地評事務局長 高畑素昭
                                東京労働相談センター所長 前澤 檀
(12) 日本にいては気づかなかったこと   奈良県労働組合連合 谷山義博
(13) アジア太平洋地域の平和構築にむけての具体的行動を  弁護士 原 啓一郎
(14) アジアの人々の思いを大切に   JR総連 大藪俊行
(15) ソウル宣言の普及と実践を    国際人権活動日本委員会 福地春喜
(16) ソウル宣言を深読みする―その意義と実行をめぐって
                           早稲田大学名誉教授 浦田賢治
寄稿  :憲法改定問題の視点―より広く、より深く、より高く  弁護士 根本孔衛

7. 声明・資料
(1) 「アジア太平洋における平和、人権および共存に関する第4回アジア太平洋法律家宣言」
(2) 「フィリピンにおける法律家、社会活動家、宗教関係者に対する暴力に反対する声明」
* COLAPW日本準備委員会提出レポート・その他団体、個人レポート
* 日本からの参加者一覧・募金賛同者へのお礼と名前一覧
* COPLAPW日本準備委員会の構成団体
* 日本準備委員会事務局


<機関紙トップページへ>

(C)1999-2007 by JALISA. All rights reserved.