日本国際法律家協会は人権,民主主義,平和,環境などを通して法律家の国際的な連帯を求める活動を行なっています。
 
 
 


・・ INTERJURIST157号目次 ・・

巻頭言: 広島・長崎への原爆はしょうがなくない カルロス・バルガス
*広島・長崎への「原爆投下を裁く国際民衆法定・広島」判決公判アピール
1. 寄稿
  “国境なき9条の魔法を”
─Dr. オーバビーをかこむ釧路のつどい─
三宅 信一
  * 9条についての1つの考え、2007年5月3日の憲法記念日に チャック・オーバビー
2. 2008年9条世界会議の成功をめざして
  (1)各地での講演活動から 笹本 潤
  (2)関西実行委員会から 梅田 章二
  (3)スイスにおける9条意見広告活動 塩川 頼男
3. ジュネーブ国連人権活動
  奇跡的な好運・出会いに恵まれて、大きな収穫が
─拷問禁止条約第1回日本政府報告書審査に参加して─
吉田 好一
4. アジアとの交流
  (1)GPPAC東北アジア地域会議in モンゴル・ウランバートル 笹本 潤
  (2)マレーシア・インドネシア訪問 宮坂 浩
  (3)韓国民弁とのミーティング報告 笹本 潤
  (4)梅香里と平澤米軍基地を視察して 中村 晋輔
5. 本と映画の紹介
  (1)新刊『5大陸20人が語り尽くす憲法9条』を読んで 坪田 康男
  (2)映画『ドレスデン・運命の日』を見て 及川 信夫
6. 声明・決議
  (1)国際刑事裁判所(ICC)設立条約採択9周年を祝う ICC問題日本ネットワーク
  (2)一連の中国戦後補償裁判の最高裁判決についての協会声明  
  (3)枯葉剤裁判についての日本の法律家・市民の協会アピール  
7. 協会創立50周年記念企画について 宮坂 浩
8. JALISA 活動カレンダー/編集後記  


<機関紙トップページへ>

(C)1999-2007 by JALISA. All rights reserved.