日本国際法律家協会は人権,民主主義,平和,環境などを通して法律家の国際的な連帯を求める活動を行なっています。
 
 
 

声明・決議

「世界平和フォーラム(WPF)バンクーバー集会最終文書」
バンクーバー平和アピール2006:平和を作ろう!


ピースボートが、 日本国憲法9条に言及したWPF最終文書の全文(英・日)をブログで掲載しています。転載させていただきました。ご参照ください。
http://network.socialforum.jp/wpf2006/



 「都市とコミュニティー:戦争を終わらせ、公正で持続可能な世界を作るために」というテーマをもって第1回の世界平和フォーラムがバンクーバーにて6月23日から28日まで行われた。

 2006年現在、私たちの目前にはイラクにおける違法な戦争と占領、人種差別、市民の自由の侵害、新しい核の脅威、そして地球温暖化の問題が立ちはだかっている。「対テロ戦争」は人権と国連の役割をおとしめた。世界で貧困が広がり、ホームレスや疫病が増加、経済格差が拡大している一方で軍事費は空前の額に上っている。

 この歴史上における危機的な分岐点にあって、バンクーバー世界平和フォーラムでは、戦争のない世界を作ることは可能であるとの結論にいたった。この結論に向かうために、私たちは市民の声を聞き、以下のことを行うことを宣言する。

・社会的正義、人権と民主主義的権利、経済的な平等のある公正な平和を構築する
・若者や子どもに対して平和の文化をはぐくむための教育を行う
・先住民のニーズと権利を認識する
・違いの持つ価値を尊重する
・女性と若者の平和創造における主導的な役割を確保する
・戦争は人道に対する罪であることを宣言するとともに戦争の即時停止を求める
・環境の保護を強く求める
・核兵器およびその他の大量破壊兵器の廃絶にむけて行動する

上記を達成するために、以下のことを要求する:

1.イラク、アフガニスタンからの外国軍の撤退
2.国際法及び国連決議の枠組みの下でのイスラエル・パレスチナ問題の交渉による解決
3.地球温暖化問題と持続可能なエネルギー政策に取り組むという決議
4.国連安保理決議1325の履行による女性の完全で平等な社会参加
5.拷問の停止とグァンタナモ刑務所の閉鎖
6.軍事費の削減と人間のニーズへの転換
7.各国政府による憲法上での戦争放棄(例えば日本の9条のように)
8.国連総会のより強力な役割
9.国連による特別総会と「軍縮の10年」開催の宣言
10.各国による検証可能で不可逆的な核軍縮の交渉

私たちは以下についてここに誓う:

・市、コミュニティ、市民を平和のために機動させる
・平和の文化を育て、平和教育、芸術、メディアを通して人間の精神を強化する
・より効果的なネットワークを作り、多様性の持つ利点を有効にもちながら、協力を育て共通の立場を持つ
・世代を超えた協力を行う
・公正な平和に深く関連している社会的、持続可能性に関する問題で活動している人々を支持する
・過去に学び、過去に起きた過ちを謝罪し、過去の不正に対して補償する
・平和を創造し構築する市民社会の能力を認識する

私たちは、平和で公正、持続可能な世界を手に入れるために、人々を力づけ、お互いの努力を結びつけあい、希望を育んでいく。私たちは戦争のない世界――私たちの子どもに残していける世界――を強く望んでいる。

2006年6月28日




(C)1999-2007 by JALISA. All rights reserved.