日本国際法律家協会は人権,民主主義,平和,環境などを通して法律家の国際的な連帯を求める活動を行なっています。
 
 
 

フィリピン全国人民法律家連合(NUPL)の声明
 
パキスタンの非常事態の解除を求める法律家
ムシャラフ大統領とアロヨ大統領の共通点


全国人民法律家連合(National Union of Peoples' Lawyers, NUPL)は、ペルベス・ムシャラフ大統領が宣言した非常事態のもとにおける法律家および裁判官に対する攻撃を含む、パキスタンにおける人権侵害が続いていることを強く弾劾する。非常事態法は、「テロリズム」や「裁判上の行動主義」に戦うために、数百人の死傷者を出した連続爆発事件に間髪を入れず、ムシャラフ大統領が宣言したものである。乱暴にも数千人が逮捕され、その中には1500人の法律家・弁護士が含まれている。2名の女性弁護士など8名の弁護士は、反逆罪という誤った嫌疑をかけられている。国家保安軍は最高裁判所を攻撃し、最高裁長官はあらかじめムシャラフ大統領によって解任された。人権弁護士や人権活動家も逮捕され、情況を監視している人権団体のメンバーも行方不明になっている。
  パキスタンにおける人権情況は、今日、フィリピンで進行している情況に似ている。パキスタン政府は、集会や表現の自由などの人民の権利をあからさまに侵害し、生命への権利と自由に対する野蛮な弾圧を加えて、法を無視し、司法の独立を公然と侵害する情況は、非常事態令464号、CPR、大統領令1017号、裁判外の殺害、失踪、その他憲法上の人権を侵害するアロヨ大統領と瓜二つである。
  われわれは、裁判をあからさまに無視するグローリア・アロヨ大統領を非難しているが、それとまったく同じく、ムシャラフ大統領が非常事態法を違憲としたパキスタン最高裁の判決を尊重するように要求する。われわれは、ムシャラフ大統領の権力保持をまさに狙いとして宣言された非常事態を即時解除するよう要求する。われわれはまた、弁護士および裁判官を含めて、憲法上の権利を行使しただけで逮捕された人びと全員を釈放するよう要求する。
  全国人民法律家連合(NUPL)は、法律専門職に携わるすべての人に、パキスタンの法律専門職に携わる同僚に対するこのような野蛮な攻撃を積極的に弾劾し、グローリア・アロヨ大統領によってフィリピン人民に対して行われている同様な弾圧を経験しているすべての人々と連帯する意思を示すように呼びかける。NUPLは、ムシャラフ大統領に対して、人権を尊重し、人民が自らの大統領を選ぶ権利を行使することを許すように要求する。NUPLは、法律専門職に携わるすべての人々および裁判官が自らの憲法上の権利を行使することに対して攻撃することを含めて、パキスタンにおける野蛮な弾圧を弾劾することを憂慮する世界中の法律家と手を携えるものである。

2007年11月15日

連絡先:ネリ・ジャビア・コルメナーレス 事務局長
携帯 07178350459


(C)1999-2007 by JALISA. All rights reserved.