日本国際法律家協会は人権,民主主義,平和,環境などを通して法律家の国際的な連帯を求める活動を行なっています。
 
 
 

4・25沖縄県民集会に寄せた海外からのメッセージ
連邦議員デニス・J・クシニッチ声明
日本の人々への連帯メッセージ
在日米軍基地
2010年4月25日

 沖縄の人々は長い間、在沖米軍基地再編に反対を表明してきました。今年になって彼らのその強い意志は、稲嶺進氏を市長に選出した最近の選挙での圧倒的な票に明らかでしたーー稲嶺氏は名護市に米軍基地を建設しないとの公約で選挙運動した候補者です。
  先週私は米上院国防歳出委員会議長に文書を送り、米軍普天間基地に駐留する海兵隊の名護市への移転計画に関する私の懸念を表明しました。海兵隊がその活動を名護市へと移そうとするとき、その討論において、地元住民の意見がまったく存在していないのです。
  稲嶺市長を選出したことは、自分達の環境と暮らしを守ろうとする地元の人々の英雄的な苦闘における重要で象徴的な勝利でした。我々は沖縄の人々の懸念を考慮しなければなりません - 基地移転への彼らの強い反対、そして新たな軍事基地建設から生じるであろう環境上、経済上の被害を脇に押しやることはできません。
  その地の海に住む海洋生物に自然生息地を与えている脆弱な珊瑚礁、そして地元漁民の経済的基盤もまた脅かされています。
私は沖縄の人々の懸念が米国連邦議会の中に確実に伝わるよう沖縄の人々の闘いを支援し、彼らの土地と環境の保護を擁護する努力を続けます。

(C)1999-2007 by JALISA. All rights reserved.